×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■隠しファイル・隠しフォルダの設定&表示・未表示にする

ファイル・フォルダには隠し属性というものがあり、これが選択されているファイル、フォルダは通常見ることができません (隠しファイル、隠しフォルダ)。
ファイル、フォルダを隠し属性にするには、隠し属性にしたファイル・フォルダを選択し、「右クリック」−「プロパティ」から、 「全般」タブの「属性」にある、「隠しファイル」もしくは「隠しフォルダ」をチェックします。これで、そのファイルは隠し属性となり、 表示されません。


これを表示させるためには「フォルダオプション」-「表示」の中ほどにある、「ファイルとフォルダの表示」の項目の 「全てのファイルとフォルダを表示する」をチェックします。
逆に表示させたくない場合は「隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない」をチェックしてください。

「フォルダオプション」は「コントロールパネル」から、もしくは、なにかしらのフォルダを開いた状態で、ツールバーの 「ツール」から開くことができます。


あなたの潜在年収を無料診断

→東大式Windowsパソコンの裏技に戻る

Tips

コンテンツ

スポンサードリンク

おすすめサイト